かわいいひと。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。応援いただけるとうれしいです。
↓↓↓
 
動画ranking

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑


≫ EDIT

化粧品を大量購入した。

私が唯一(結構)自信を持っている

メイク!

充実したメイク道具とそこそこのテクニックによって、
元よりは、格上げして見えます。(多分ね。)
“化”粧ですから、化けないとイミない。


そこで、今日買った
ベストだと思っている組み合わせを勝手にご紹介します。



ファンデはカバーマーク(covermark)のエクストラフォーミュラ。


 
これ以上のものはない。
ここのコンシーラー→ブライトアップファンデーションは無敵。
高いけど、安い。効果とコスパを考えると。
ここなら特に安い→コスメティックロイヤル

でも初めてのときは、デパートでお色と使い方習ってね!



アイシャドウはルナソル(LUNASOL)by kanebo。
 
アイリッドベースN(下地)を塗ると特に発色が良い。
スターシャワーアイズは、ブラウン系の05番を購入。



アイラインとチークはボビーブラウン(BOBBI BROWN)

アイライナー(ロングウェアジェルアイライナー)で全く顔が変わります。
たまに男性BAさんがやってくれるときがあるんですが、
メイクしてないから(IKKOさんとかはやってるけど)
メイクの腕やセンスがわからなくって、申し訳ないけど女性のがいいんですよね~。



マスカラ下地はエレガンス(Elegance)パワーラッシュフィクサーC。
マスカラはイミュ(imju)のデジャヴュ(dejavu)



メイク好きな方にはわかるでしょうが、
ほぼ大ヒット商品ばかり使ってます。

いや~、メイクってほんとうにおもしろいですね。


スポンサーサイト


ランキングに参加しています。応援いただけるとうれしいです。
↓↓↓
 
動画ranking

| 美容と健康 | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


≫ EDIT

今夜、突然の大雨に降られて...

会社から帰るときは降っていなかったのに、
地下鉄の駅から出ると、とんでもない大雨が降っていた。


しかし今日は偶然にも、以前からネットで見て欲しいと思っていた
イルビゾンテ(IL BISONTE)のレインシューズ



を買って帰るところだったのです。フフフ
(寄り道しなければ、そもそも雨に降られなかったのですけどね。)


そこで、地下鉄の出口(かなり広い)の端っこで、
箱を開けて革靴からレインブーツに履きかえ、
じゃぶじゃぶ水たまりを踏みながら傘をさして家まで帰りました。


イルビゾンテ好きな私にとっては、まじかわいい。
これで、お値段9,450円...。即買いでしょ

数年前から流行っているレインシューズですが、
一人で脱げるかってことが非常に重要!

でもこれは、後ろにゴムがついていて、
着脱は結構マシ(笑)


ランキングに参加しています。応援いただけるとうれしいです。
↓↓↓
 
動画ranking

| 買い物 | 20:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


≫ EDIT

OL風だが、ボクサーパンツ


ピップと脚が同化してしまい
区別がつかないという性質から
ガードルというものに頼って生きてきた私ですが、

最近キツくて、ゆるめのショーツに逃げて、
補正をサボリがちになっていました。

でもいいものを見つけました。
股上深めでおなかが冷えないものがおすすめ。
しかも500~1000円くらいと、けっこう安い。

  
 
(上部)
おなかを冷やさない。
見せパンが可能。でも欧米風にしてね。
(下部)
きつくないのに、ピップと脚のメリハリをつける。
(用途)
下着っぽくなく、夏は部屋着になる。
ビビッドカラーで気分転換。
↓ ↓ ↓
ボクサータイプ&ボーイズレッグのパンツ!


そんなはまりきってる私に、ぴったりの懸賞が!


本日3回チャレンジして、
キムタクのキシリッシュのCMでおなじみ
イキパンが当たりました!


無題

一番右下の赤いパンツです。


とどきましたら、報告します!


ランキングに参加しています。応援いただけるとうれしいです。
↓↓↓
 
動画ranking

| 買い物 | 13:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


≫ EDIT

すてきな雑誌みっけ



ふでばこ(18号) 1,890 円


とある図書館で、雑誌の名前と題材に惹かれて読みました。



日本の古きよき“道具”にスポットをあて、


ふんだんに美しい写真を使用して、その技術を伝えてくれます。


18号のテーマは “ 朱 ” 


漆や朱墨のところなんて、もう、、、


日本の技術の美しさに感激し、崇高な世界に浸ることが出来ました。



読み終わった頃には、もうワンランク上の女になった気分。



        
ふでばこ(17号)    ふでばこ(16号)    ふでばこ(15号)


この書籍、


裏表紙の発行者を見ると、

白鳳堂とかいてありました。


熊野筆で有名な、


広島県安芸郡熊野町にあるこの会社、


化粧ブラシの世界シェア60%を誇ります。


(他ブランドがついていても、実は白鳳堂の筆ってこともざらにあります。)


季刊誌まで出してるんですね。



わたしも使用している筆は、全て白鳳堂製です。(当然!)



すばらしいブランド形成の片鱗をここでも見出すことが出来ました。


ランキングに参加しています。応援いただけるとうれしいです。
↓↓↓
 
動画ranking

| 買い物 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。