かわいいひと。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。応援いただけるとうれしいです。
↓↓↓
 
動画ranking

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑


≫ EDIT

沈まぬ太陽が、あれから全然沈まない

若い頃の髪型がオードリー春日みたいな恩地さん(渡辺謙)に
とても勇気付けられた。→「沈まぬ太陽」公式サイト

権威に流されず、信念を曲げないことが間違っているかのように冷ややかな世間。

大きな犠牲を伴う、過去のどろどろとした不可解な事件、
学校、会社でもときおり現れる同様の黒い闇の
さまざまなシーンを思い出し、震え上がり、そして耐える恩地を応援した。


また、渡辺謙がいい男だ。
熱く闘ったり、悩んだり、虐げられたり、取り立てられたり、謝罪してまわったり、
裏切られたり、どのシーンもしっくりしすぎて、恩地本人としか思えない。

そんなに自然なのに、さりげなく背が高く脚も長く
どの国のどの時代の服をも着こなしイケメンなのは、
その逆であまりリアリティがない。ま、俳優だからね。

YouTube - 『沈まぬ太陽

モバイルの方はこちらから→動画を見る


一応最後にフィクションって出てきたけど、
戦後の日本の政府、企業の体質が象徴されている作品だ。


やはり日本人は極端を嫌うのだろう。

ひとり勝ちは抑圧され、ひとり負けは身内ならどこまでも助ける。
なにごともほどほど。改革もほどほど。
根本にメスを入れると国見(石坂浩二)のように退任させられる。
やりすぎだ、そこまではいっていないと...。
なので、何も変わらない。


メスを入れられないなら猿芝居。
それを演じるだけなら、上へ行きたい、どうせなら得をしたい。と悪いことをする。
それもほどほどにしないとお縄にかかる。→行天(三浦友和)


ナイロビのシーンにはそんなくだらない人間模様はない。

羽田空港(実際はタイ)には(日航の協力が得られなかったので)
うそ臭いCGの飛行機が飛びまくってはいたが、


アフリカ大陸は本当に壮大だった。
あの太陽がほんとに心の中で沈まない。
いつか行きたい。

にしても、こんな長い映画を1,000円(ファーストディ)で見せてくれてありがとう!

スポンサーサイト


ランキングに参加しています。応援いただけるとうれしいです。
↓↓↓
 
動画ranking

| 映画 | 23:21 | comments:3 | trackbacks:3 | TOP↑


≫ EDIT

映画(1)ココ・シャネルと(2)ココ・アヴァン・シャネルの違い

(1)ココ・シャネル→シャーリー・マクレーン主演(2008年8月公開・英語)

(2)ココ・アヴァン・シャネル→オドレイ・トトゥ主演(2009年9月公開・仏語)

今日、見に行くまで

こんなに似た2つの映画が同時期に放映されることがあるなんて、

思いもしなかった。完全に混同していた。


まず見たのは(1)の方。
美男美女だらけで、とっても良かった。

ネット上でもこの紛らわしさに賛否両論ありますが、
映画自体の評判はなんとなく(1)の方が良い。

だって、いい話なんだもん。
イケメンに愛されるし、愛に生きてるし、
シャネルはまっすぐでひねくれたところがないし。


ただリアルは(2)に近いのではと思う。
(と言って、まだ見てはいないが。)


シャネル本人を写真でみると、
美しく強いイメージだが、
目からは、ものすごい反骨精神の塊のような雰囲気がムンムンと湧き出している。


シャネルは貧しく人とは違う苦労や疎外感を味わってるだろう
映画に描くような才能あるラッキガールで、まっすぐな人間なら
漫画的に(キャンディキャンディや北島マヤ並みに)奇跡だ。

語録からいっても、やはり相当したたかなんだろう。


多分、金持ちなパトロンはイケメンではなくジジイだろうし。
計算しつくした感がある。(し、そうであって欲しい。)


ってなことで、来週は(2)を見に行って確かめてきます。
(といって答えはないけど。)

(1)
YouTube - ココ・シャネル 映画予告

モバイルの方はこちらから→動画を見る

(2)
YouTube - 『ココ・アヴァン・シャネル』予告編 Coco Avant Chanel JTrailer

モバイルの方はこちらから→動画を見る

ってなことで、まだ見てない方、どっちか片方が目的なら間違えないでね!


でも今日はファッションや一途なイケメンがステキだったので
いい夢見れそうです。


また、追記します。


---《追記2009年9月30日》---

レディースディの今日、

(2)ココ・アヴァン・シャネルの方も見てきました!


感想は、、、

おそらく、かなりリアルに近いんでしょうが、
ラブストーリーなのに 暗い...んですけど

オドレイ・トトゥの顔ってちょっとコワイ。
あと愛人の2人がおっさん。
やっぱり、美男美女でないと私は感情移入できないのかしら。

ファッションに関する映画なのに、感心できるようなおしゃれなシーンがない。
シンプルってったって、もっとすてきなシンプルさにしてちょ~だいよ。映画なんだからさ。
しかも、ファッションに関するシーン自体少ない。

素朴かつドライなフランス映画でした。

ただ一つすばらしいのは、予告編!
だって、見てみたら、そんなにドラマチックじゃなかったじゃんよ~。



ってなことで、うそ臭さはあるものの、

惚れ惚れするおしゃれさや、イケメン愛人2人との恋、
ところどころの笑い、いい人と悪い人がはっきりくっきりわかりやすい...等

映画らしさ満点の

(1)シャーリー・マクレーンの「ココ・シャネル」の方が
私は好きです。


ランキングに参加しています。応援いただけるとうれしいです。
↓↓↓
 
動画ranking

| 映画 | 22:20 | comments:3 | trackbacks:3 | TOP↑


≫ EDIT

なんて美しい、アマルフィ!


ローマとミステリーが大好きなので、
初日に(昨日)観てきました。

アマルフィ 女神の報酬 (公式サイト)(ウィキペディア


アマルフィは、

行ったことがありませんでしたが、あざやかな映像で、
絶壁に建った家々もドゥオーモも歴史的で美しく、住みたくなりました。

アマルフィ
(他の画像も公式HPからダウンロードできます)


アマルフィの美しい写真→Panoramio - 世界の写真 世界地図 Italy Amalfi



でも、前半というか、ほとんどローマでした。


冬に訪れたときの写真。

スペイン広場
スペイン広場 中


サンタンジェロ城
サンタンジェロ1


コロッセオ(ベネチア広場から)
コロッセオ



日本大使館は、ここで撮ってますね~
オードリー・ヘプバーンのアン王女が滞在した公邸じゃないですか♡

バルベリーニ宮殿
n.jpg




フジテレビ映画だし、特に期待せずにいきましたが、

映像も役者も、とても良かったです。


黒田外交官(織田裕二)かっこよすぎです。
天海祐希も美しくて、
ふたりが抱き合うシーンにドキドキ♡゚・。♥。


とにかく豪華な映画でしたよ。



YouTube(ユーチューブ) - アマルフィ 女神の報酬 劇場予告編Ⅰ

モバイルの方はこちらから→動画を見る

音楽も最高



YouTube(ユーチューブ) - サラ・ブライトマン 『 TIME TO SAY GOODBYE 』

モバイルの方はこちらから→動画を見る

ドコモ動画でしか見られないビギンズ


YouTube(ユーチューブ) - アマルフィ・ ビギンズ ダイジェスト版動画 (60秒)

モバイルの方はこちらから→動画を見る


でも、、、


ちょっと時代が過ぎて観てしまうと


色あせてそうな気がする...。


観るならタイムリーに観てね!


ランキングに参加しています。応援いただけるとうれしいです。
↓↓↓
 
動画ranking

| 映画 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:6 | TOP↑


≫ EDIT

観てきた!天使と悪魔


先日の日記で、


丸の内の公開記念イベントについて書きましたが、


ついに行ってきました。


わたしの大好きなローマとヴァチカンが、


結構わやくちゃにされてて、、、




おもしろかったです。



以下は、ネタバレしない程度に、映画に出てきた場所の写真を載せます。

(クリックすると大きくなります)



サンピエトロ1  サンピエトロ2
サンピエトロ大聖堂

ローマ法王は、まるでアイドルのようにスクリーンに映し出されます。



システィーナ1
システィーナ礼拝堂

ここを閉めきって話し合うわけですね~。



パンテオン1
パンテオン

世界最古のドーム型神殿


ポポロ1  ポポロ2

ポポロ広場

双子の教会がすてき。ライオンの噴水もとってもかわいいのです。


サンタンジェロ1
サンタンジェロ城

サンピエトロ大聖堂と秘密の通路でつながっているという話が有名です。



ローマの休日では、ダンスパーティが開かれて、


アン王女とジョーが川に飛び込み、その後キスをした場所ですね。



ちなみに、昔はこんな風に木を茂らせてたらしい。

サンタンジェロ2(ローマで買った本から)


ランキングに参加しています。応援いただけるとうれしいです。
↓↓↓
 
動画ranking

| 映画 | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑


≫ EDIT

帰宅の途中、丸の内が“永遠の都 ローマ”に

帰り道がローマに変身していた。



オアゾ2
丸の内オアゾにて


オアゾ1
うわ、でっか~い


この作品は 、



ナヴォーナ広場

ナヴォーナ広場2 ナヴォーナ広場1 ナヴォーナ広場3
(3月に行ったときの写真)


にある、ベルニーニの「四大河の噴水」


(ローマにいってベルニーニのとりこになって帰ってきたのです。)



でも、でも、

なんだって、こんなところに!って、


天使と悪魔の公開記念イベントで...(2億円かけてるらしい)

スタンプラリーに参加すると、なんかもらえるかもだって!
スタンプラリー
2009年5月24日(金)まで。時間にも余裕あるし、がんばるわ!



↓ とても美しい映像!

モバイルの方はこちらから→動画を見る 2009年5月15日公開(ソニーピクチャーズ)

ジャパンプレミア抽選外れたし、来週見にいこ。


ランキングに参加しています。応援いただけるとうれしいです。
↓↓↓
 
動画ranking

| 映画 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑


| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。